乳酸菌は腸内を酸性に保つ

乳酸菌は整腸作用に優れています。ビオフェルミンなどの整腸剤も乳酸菌で作られていることからみても、如何に整腸作用が優れているか分かります。何故、乳酸菌が整腸作用に優れているかと言えばそれは、乳酸や酢酸を作り出し腸内を酸性にする働きがあるからです。

善玉菌は保護し、悪玉菌と呼ばれるような、発がん性を伴うものや食中毒の誘発につながる活動を、乳酸菌が腸内を酸性にすることで抑えることができるのです。更に乳酸菌が生成する酸性物質は、悪玉菌を死滅に導くだけでなく、腸内の悪玉菌が作り出した発がん性を伴う有害物質に吸着して、排便時に排出する事も分かっています。また乳酸菌が乳酸や酢酸を作り出すことで、腸内に刺激をもたらし蠕動運動を起こし便秘を改善してくれます。いかに乳酸菌が整腸作用に関わっているのかわかると思います。

乳酸菌は腸内にも生息していますが、外部からも摂取可能なので、腸内の酸性を目指して、多くの乳酸菌を食事に取り入れていきましょう。動物性乳酸菌は乳製品からしか摂取できませんが、植物性乳酸菌は多くの野菜や穀類から摂取できます。カロリーなどが気になる場合には、植物性の乳酸菌を多く食べて、腸内を酸性に保ち整腸作用が
滞らないようにしたいものです。ぬか漬けなどには植物性乳酸菌がたっぷり含まれていますから、季節の野菜をぬか床に漬け込んで、バリエーション豊かな食卓を彩ってみてください。

乳酸菌は腸内の腐敗を抑制する

悪玉菌が優勢になり、善玉菌を凌ぐ勢いに乗じると腸内に残っているものを悪玉菌はあっという間に腐敗させていきます。腐敗することで便は有害物質を出すようになります。便秘が続くときに、おならが異様に臭い事があると思いますが、そのとき腸内では悪玉菌が腐らせた便が絶えず有害物質を腸内に排出しています。そんなことが続けば腸内環境がひどくなり最後は大腸がんにまでなる恐れがあります。

なんとしても整腸作用のある乳酸菌で悪玉菌を押さえ込みたいものですね。乳酸菌が生成する乳酸は腸の中を弱酸性に保つことで知られています。酸性の中では悪玉菌は
増殖することが、ほぼ不可能になります。悪玉菌が押さえ込まれると腸内の腐敗がストップして、善玉菌が増えていきます。乳酸菌には例えば酒類にも含まれているものがあります。晩酌のというのは、寝る前に腸内を酸性にして、腸内腐敗を防ぐという意味もあるのです。

乳酸菌はビタミンBを作り出す

乳酸菌が整腸作用に良いと言われるのには、まだ他にも理由があります。じつは乳酸菌は腸内で自らビタミンを作り出しています。多様なビタミンを生成しますが、中でも一番多く生成するのがビタミンB群なのです。このビタミンB群は、糖分をエネルギーに変える役割があり、細胞を動かすのに欠かせないものです。また乳酸菌はビタミンB群だけではなく、ビタミンKも生成します。

ビタミンKは、血液をサラサラにする役割があります。血液の流れが良くなると、代謝機能も向上し、免疫力もアップします。そうすることで、腸内環境を良くして、整腸作用に一役買うのです。ビタミンが不足すると、肌が荒れますが、これは腸内環境に問題があってのこと、という場合も多く見られます。乳酸菌が悪玉菌によって増殖できない環境になれば、ビタミンを生成できません。

大人ニキビの原因のひとつにもなるので、整腸作用を高めて乳酸菌が増えやすい腸内にしたいものです。乳酸菌は女性ホルモンの合成を助ける役割がありますので、美肌や若返りといった女性特有の悩みにも直結しているのです。腸の調子が悪ければお腹だけでなく、見た目の老化にも表れてしまいます。女性ホルモンが減ると頭髪の抜け毛などが深刻化します。シワにも影響します。美容と健康の為にも腸内の健康状態には、注意を払いましょう。

乳酸菌の整腸作用で癌を抑制する

腸の中が悪玉菌で満たされると、発がん性物質のアンモニア・アミン・二次胆汁酸・ニトロソアミンなどを作り出します。こうした発がん性物質が腸の外に排出されないまま滞留し、そのうち全身に血液から発がん性の毒素が巡ることになります。発がん性物質は全身を巡るので全身どこにでも、癌は発症します。免疫力が弱くなり、衰えたときが一番危ない時です。

特にその中でも、発がん性物質に一番晒されている大腸に発症する事が多くなります。そうならないためにも、腸内環境をいつも健康に保つ必要があります。乳酸菌は、整腸作用が有りますから悪玉菌を駆逐します。もし、臭いおならが出て、常に下腹部が張るようならそれは、悪玉菌が産生させたメタンガスや硫化水素を含むものです。こうした異常なおならが出てきたら、今が乳酸菌を使うチャンスと思い乳酸菌を摂取しましょう。市販されている乳酸菌由来の整腸剤などが、良いのでまずは、こうしたものを飲みましょう。

整腸作用に良い乳酸菌の摂り方

もしお腹の具合に不安が有るなら、乳酸菌はいつでも好きなだけ飲んでいいでしょう。乳製品アレルギーでなければ、具合の悪い時こそサプリやヨーグルトなどを駆使して腸内に乳酸菌を取り込むべきです。なぜなら乳酸菌は熱に弱いので、その殆どが胃酸で溶けて死菌になってしまうからです。死菌も生菌同様に強い整腸作用がありますが、どうせなら生菌も死菌と同じくらい腸に送り込みたいですね。その性質や役割が違う以上多くの生菌・死菌が必要になります。

まず生菌は、腸の中で乳酸や酢酸を作り悪玉菌の増殖を阻みます。生きたまま腸に届く乳酸菌は、腸の中でしっかりと働いてくれます。死菌の方は悪玉菌によって傷ついた腸に張り付いて、補修します。腸壁から血液へと発がん性物質が流れ込むのを食い止めます。役割が違うからこそ、両方必要です。死菌の場合は、外部から取り入れる乳酸菌のほとんどを担いますから、意識せずともそうなります。問題は生菌です。

胃酸に溶けてしまう乳酸菌は、胃酸が多少なるとも減っているときに摂取するのが理想です。もし乳酸菌を生きたまま生菌として、腸へ届けたいのなら、食後の胃酸が少ない時の摂取しましょう。より多くの乳酸菌が生きたまま届きやすくなります。また、胃酸に強い乳酸菌も多数発売されていますから、そうした胃酸に強い乳酸菌サプリメントを使用するのも効果があります。

乳酸菌の飲み方にも気をつければ、整腸作用も自然と高まって行きます。常に腸に対して敏感な姿勢を持ち続けたいものです。